11月, 2016年

主人との出会いは社内恋愛

2016-11-17

社会人になって数年は、社内恋愛なんてありえないと思っていました。
喧嘩したら仕事中気まずいし、社内の人に内緒にしていてもバレたらまた気まずいし、恋人は社外で見つけるのが良いという考えでした。
なので、出会いは外に求め、社内の同僚とよく合コンをやっていたような日々でしたが、ある時忘年会でたまたま横に座ったのが主人で、普段は部署も違うのであまり話すこともなく、年も9個上で、しかもバツイチという情報を持っていたので、男性としてまったく見ていませんでしたが、話してみると意外に気が合いました。
これがまさか結婚までたどり着く出会いになるとは思ってもみませんでした。
それから主人の方から食事の誘いがあり、私も段々異性として主人を意識するようになりお付き合いが始まりました。
結婚相手との出会いは運命的だったり、ビビットきたりというイメージでしたが、現実はまったく違い、平凡な毎日にある日突然出会いがあったという感じです。
ですが、社会人経験を積むにつれ、社内恋愛が異性との出会いには1番いいのではないかというふうに思うようになりました。
仕事中の様子を見ることができるし、社内での評判、人柄を結婚前に確認できるのは、とてもポイント高いと思います。
私は付き合って1年で結婚式をあげたので、ちょっと電撃結婚になり周囲に驚かれましたが、付き合う前に数年主人と一緒に仕事をしているので、だいたいの人柄はわかっていたので結婚してから、思ってた人と違ったということはありませんでした。
妻としても、同じ職場にいたことで、主人が仕事で悩んでいるときに、少しは理解してあげられることもありいいことだと思っています。
ただ社内恋愛中の周囲への対策は必須です。

社内恋愛禁止の職場での出会い

2016-11-17

私は九州から就職の為、上京しました、会社は大手で地方出身者が多く、接客業で拘束時間も長く、社内恋愛は禁止。
家と仕事場の往復の日々だったので出会いは全くありませんでした。
そんな時同期に誘われ飲み会へ。
私たちの同期は100人ほどおり、最初の入社式とオリエンテーション数回だったので話したことがない人も多くいました。
私は社交的なタイプで基本的に誰とでも話すので、周りでワイワイしていました。
久々に同期に会え、飲んで食べて騒いでいると、何人かが帰ることになり席を詰めることになりました。
そのとき目の前に座っていたのが彼氏でそこで初めてしっかり話しました。
それが彼氏との出会いでした。
彼氏は大卒で年上なこともあり、クールというか大人という感じでした。
クールでイケメンだったので、お笑いキャラの私があんまり話すのはいけないかなと思ってましたが、向こうから気さくに話しかけてくれて私はその時に恋しちゃったのだと思います。
出会いから約1時間でした。
そのときに仲良くなり、そこから連絡をとるようになりました。
もともと最初の入社式で出会っていたみたいですが、私は全然気づいておらず、私は最初からうるさかったので相手はしっていたみたいです。
連絡を取り合ううちに私は九州出身で相手は北海道出身で普通なら絶対出会わないような二人が東京で出会い、仲良くなったことに運命の出会いを感じた私はこっちから行かないと多分何も進展しないしと思い、押せ押せで行きました。
そしたら思いは報われました。
社内恋愛禁止ですが、隠して付き合っておりましたが今では社内恋愛OKになり、社内カップルも増えました。
地方から出てきて人はどうしても仕事と家の往復になってしまい。
出会いが少ないです。
ですが、以外に近くに運命の人はいるのではないかなと思います。

社会人の出会いのきっかけ作りについて

2016-11-17

学生時代にはそれなりに異性との出会いがありましたが、社会人になってからめっきりと減ってしまいました。
出会いが全く無いわけではないけれど、出会いの場と言えば「合コン」くらい。
結婚を意識していた私は、合コンよりも、もっと自然な出会い方をしてみたい!と思い、新しい出会いの場を探し始めるようになりました。
社会人になると、社内恋愛か、今までの友人との繋がりのみになり、なかなか新しい異性との出会いがありません。
もしかすると、同じような悩みを持っている人も多いのでは?と思い、軽い気持ちでインターネットで調べてみる事にしました。
結婚相手を探す、となると結婚相談所が挙げられますが、そこまで本格的じゃなく自然な出会いが出来るところ・・・ということで目についたのが、社会人向けのイベントサークルでした。
イベントサークルと一言に言っても、様々なイベントがあります。
スポーツ系・料理教室系・体験レッスン系・旅行系などなど。
検索すると数え切れないほどの社会人イベントが見つかりました。
社会人向けのイベントなので週末メインに開催されるところも多いですが、平日休みの社会人が集まるイベントなどもありました。
私は迷った挙句、今まで縁のなかったスポーツ系のイベントから「フットサルイベント」に友人と参加してみることにしました。
私が参加したフットサルイベントは、週末に50~60人ほどの社会人男女が集まり、チーム編成をして実際にフットサルのトーナメントを行います。
参加者は男性のほうが圧倒的に多かったので、女性には色々なハンデがあり、経験のない女性でも楽しめる工夫が施されていました。
そして、女性は参加してもいいし、応援するだけでも良いので、異性との出会いを求めて参加している方も少なくありません。
実際に私はそこで主人と出会い、6年の交際期間を経て結婚しました。

実は同じ幼稚園だったビックリな出会い

2016-11-17

高校生の時に出会った彼との話です。
入学した時はクラスが違っていたので、お互いの存在すら知らないで過ごしていました。
地元からも少し離れた学校だったので、私も最初は不安だったので最初の頃は同じ中学校出身の子とばかり一緒にいました。
帰りの電車に乗っているある日、見かけない同じ学校の男子生徒が同じ電車に乗っていました。
これが彼との初めての出会いでした。
その男子生徒は、私たちの降りる駅の隣の駅で降りていきました。
同じ中学校ではないので、隣の中学校だったのかな?と、そんなに気にもしていませんでした。
そのうちに部活が始まり、新しいコミュニティが開けてくると友達の輪も自然と広がっていきました。
ごく普通の高校生活の流れです。
行事があると男女間も仲良くなり、自然とグループが出来ていきます。
かけがえのない青春の出会いです。
その頃になると、学年全体の人の顔も覚えてきます。
名前はわからなくても、見たことがある、という人は増えていきます。
そんな中の一人に、あの帰りの電車で見かけた男子生徒もいました。
少し興味がわいたので、彼のクラスの女の子に用事があるふりをして彼を見に行ったりもしました。
後から聞いたのですが、その時に私を見かけたのが彼にとっての私との初めての出会いだったそうです。
それからは彼の方からの接触が増えました。
これも後から聞いたのですが、「運命の出会いだ」と思ったそうです。
私は運命とかあまり信じていない方なので、彼との出会いも他の人との出会いも、同じレベルだったのですが、それは内緒です。
そしてお付き合いを始めたある日、彼の家でアルバムを見ているとやはり隣の中学でした。
さらに小学校のアルバムを見て、幼稚園のアルバムを出してきたときにビックリしました。
なんと、私の通っていた幼稚園と同じ幼稚園だったのです。
その事実を知って、「やっぱり運命の出会いだった」と彼は嬉しそうでした。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.